この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

 

“傷ついたのは、生きたからである。”

 

ー 高見 順 ー

 

【読了目安タイム】

30秒

 

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

 

 

「 プロカウンセラー?おれ、そんなに精神面病んでないけど・・・」

 コミュニケーションって難しい。「あれ、意外と自分、面白い話できるじゃん。」と思うこともあるが、「あ、ダメだわ。詰んだわ・・・」と会話が止まるときもある。おそらく、相手も同じように思っている。そんなとき、やはり、「自分にはコミュニケーション能力が低いのだなぁ・・・」と実感する。そんなあなたは「プロカウンセラー」のコミュニケーションの仕方をご存知だろうか?あなたがもし、大学生であるならば就職活動の際に、キャリアカウンセリングを受ける機会があるかもしれない。そのときに、「あぁ、この人はなんて話しやすいのだろう」と思う機会があるはずだ。そんな「プロカウンセラー」のテクニックを、今回紹介していく。少しでも、あなたの人間関係に役立つように。

 

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

 

 

「思わず、読んでみたくなる不思議・・・」

 

このようなフレーズに、あなたは何度か好奇心をかき立てられたことはないだろうか。私はもちろんある。このようなフレーズの効果が分かったいまでも、私をはじめ、あなたも無視せずにはいられない。実に魔法のフレーズだ。ところで、口を開けて、あごを下げて、しばらくその状態でいてほしい。口を開けて、あごを下げて。そして、その状態で大きく目を開いて次の計算をしてほしい。

 

 

7×8+12=?

どうだろう。口を開けて計算をしたら、時間がかかったのではないだろうか。

 

 

ちなみにこれから紹介する本を、本当に読んではいけない。今よりも「コミュニケーション力をあげたい人」以外は。