この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

 

“良書とは、期待を持って開き、利益を習得して閉じる書物である”

 

ーアモス・ブロンソン・オムコットー

 

【読了目安タイム】

30秒

 

 

 「久々に本が読める」「2冊目読了」「読書しなきゃ」「本買った」「アウトプットが大切」

 

よく見かける言葉である。

 

突然だが、あなたは「読書」と聴いて何を思い浮かべるだろうか。

そもそも、あなたは「読書」をして具体的に何かを得た経験があるだろうか。

 

本屋に行くと「読書」に関する「本」が意外と多いことに気づく。

例えば、下記5つの本に関して、意識が高い学生や社会人は"読了"しているかもしれない。

 

 

1.『読書で自分を高める』 本田 健

 

 

2.『読んだら忘れない読書術』 樺沢 紫苑

 

 

 

3.『年収を上げる読書術』 大岩 俊之

 

 

4.『最強の読書』 遠越 段

 

 

5.『ビジネスに効く最強の「読書」』 出口 治明

 

 

 

どれも「"読書好き"な自分が好き」なあなたにはたまらないタイトルだ。

キャッチコピーに引き寄せられたあなたは、少し立ち読みし、カウンターでお札を出す。

通気電車でさっそく読み始め、”自分磨き”に精を出しているフリをしているのであろう。

 

「読書」に関する本は他にもたくさん売っている。

 

そうすると、やはり聞きたい。

"本を読んできた"あなたは一体何がどう変わったのかを。

あなたは自問自答できるだろうか。

 

よくある話だが、あなたの読書は"自己満足"で終わり、書籍代を"消費"するだけの生活であろう。

あなたは一体これまでいくら書籍代に"消費"してきたのだろうか。

中には、

 

「いやいや、自分は本に"投資"しているのだ。」

 

そうか。では、その"投資"はいつまで続くのか。

それとも、もう"投資"に見合ったリターンは得られたのか。

甚だ疑問である。

 

世はまさに「大消耗時代」と言ったところか。

明らかに"消費"の罠にのまれているのに、"投資"という言葉に丸め込まれて消耗している。

 

気づいたときには、もう買わずにはいられない。

 

今日もあなたは"自己満足"の旅に出る。