「近年のIT技術の発展は凄まじく、

少し前では考えられないサービスが生まれ続けている」

今後もとどまることはないだろう。そこで、あなたはこんなことを思うようになったのでは?ネットで検索すれば何でも分かる」と。「ネット」情報の早さは尋常ではない。

そのため、あなたも私も「分からない→すぐ検索」という行為をとるようになってしまった。そう、「考える」より先に。そして、むしろこのような「情報収集の早さ」が評価される時代にもなった。

今の若者にとってはたいした労力ではない。普段からものすごい情報を取捨選択しているおかげで。一方、「本」情報はどうかというと、こちらもなんやかんや言われながら、生き残っている。

むしろ、本」という「物質としての貴重さ」も重宝されつつある。では、「情報としての価値」はどうだろうか?「ネット」情報に比べてやはり劣ってしまうのだろうか?

私は、「ネット」情報と「本」情報はどちらが良いか?という判断を下さない。

なぜなら、どちらも「情報としての根幹が同じ」だからだ。どういうことか。

 

 

 

 

「今からお会いできるでしょうか?」

 

実際は、そのような堅苦しい口調ではない。非常にフランクな関係だ。それはさておき、突然連絡が入り、〝入社した会社を辞める〟と噂で耳にしていた彼と急遽会うことになった。

 

「明日辞める」

 

噂は本当だった。すでに彼は次の行動に移していた。どうやら色々な方々とお会いしているようだ。

 

「今は色々な方々とお会いして、〝本当に自分がやりたいこと〟〝価値観が合うこと〟この二つを軸にして話を伺っている。」

 

なるほど。どうやら彼は、せっかく入社した企業で早くも〝ズレ〟を感じたようだ。話を聞く限り・・・ブラックだ。

 

 

この「Output読書」サイト。

 

「あるCMS(Contents Management System)」を利用してサイトを構築している。

その「あるCMS」とは・・・

そう、「Joomla!」というものだ。


 

本では現在「WordPress」が主流である。


実は海外ではこの「Joomla!」もかなりの人気があるCMSなのだ

 

そんな私も、この「Output読書」サイトを運営していく際、日本で人気のある「WordPress」でやろうと思っていた。

しかし、あることを思い出して「WordPress」ではなく、「Joomla!」を利用するという判断を下した。いったい何を思い出したか。

 

 

 ひとりごと(日記)というカテゴリを設けた。

 

ここでは本当に自由な記事を投稿していくつもりだ。

 

もちろん、ただの日記というより、あなたの役に立ちそうな記事を意識して投稿する。

 

ただ、基本は自由な発信をさせて頂く。

 

なぜ、いきなり新しいカテゴリを設けたか。

 

答えは単純だ。